So-net無料ブログ作成
検索選択

9日目のこと・2 ~フェズでモロッコ美人について考え、いい旅夢気分~ [はじめての複数国周遊~モロッコ編~]

 バスの出発までまだまだ時間があるが、これといってすることがない。そこで、ガイドブックの読者情報に載っていた、新市街にあるという大型スーパーに行ってみることにした。洗濯するのがめんどうなので、パンツでも買おうかと。ただ、それはあくまでも読者情報で、地図には載ってない。少々不安だが、まぁいい。散歩するつもりで――
 ――で、2㎞強は歩いてしまった。が、一向にスーパーなど見えてこない。情報どおりの場所まで来ているはずなのだが。つぶれたのか? まぁいい。これは散歩だ。
 引き返して、途中にあったカフェで一服。しばらく外を眺めながら物思いにふける。

 それにしてもモロッコは美人が多い。ウィーンほどではないにしても、先日まで滞在していたスペインや、過去に訪れたイタリアやフランスに比べると、はるかにわたし好みの顔立ちをした女性(昨晩の親切な二人組しかり)が多い。
 顔立ちの基本はアラブ人だが、そこに先住のベルベル人や、ヨーロッパからの白人要素が入り混じり、アラブ人の“濃さ”が中和され、三つの人種それぞれわたしには馴染みはないはずが、絶妙なバランスでブレンドされることにより、ニキのCAとは違う、“かわいさ”が含まれた親しみやすい美人顔が形成されている。それでいて基本はアラブ人なのだから、やはりエキゾチックでもあり。
 ま、しかし、ここまで書いておいてなんだが、なにが好みかといえば、日本人がいちばんの好みなんだけども。

 カフェを出て、再び旧市街へ。
 メディナに向かう裏道が坂になっていて、そこで荷台を連結した壊れたバイクを押す、地元民と思しき5人の男性に声をかけられた。相変わらず「コニチワー」。
 特に“手伝ってくれ”と懇願している様子ではなく、押すのに難儀しているようにも見えないのだが、無視して追い抜いていくのもどうかと思い、力添えした。
 ひとしきり感謝の意を表され、“いいよいいよ、荷台に乗りなさいよ、おれたちが押すから”みたいなことをとジェスチャーで示されつつ、坂の上まで押上げてから笑顔で彼らとお別れ。
 なんだかごくごく一般的な旅の思い出が作れてしまった。さすがのわたしも気分がいい。
 たとえわずかなリスクだろうと、それにビビってしまって人との触れ合いの一切を拒絶してきたが、こういうことがあるから無視するのにも心が痛むわけだ。

 さらに坂をのぼって、マリーン朝墓地付近へ。フェズの街を見下ろす。
20090210131953.jpg

 わたしもいくら人嫌いとはいえ、都会には都会の、“なにがあってもどうにかなる”という安心感をおぼえる。
 これから数日はこの都会を離れ、1泊は砂漠という辺境の地で過ごすことになる。
 複雑な気分で街を眺めた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る