So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年散財の旅 ~第84回東京優駿&第44回笹川賞~ [舟・馬・自転車]

 もうね、必要最低限な施設はだいたい建設されて、いいかげん景色は変わらなくなってるんですよ。
 いや、記憶力の低下により昨年の景色を覚えていないだけで、じつはちょっと変わってるのかもしれないが、とにかく感覚としてはなにも変わってないので、いつもの友人とふたり「なにしに来てるんだおれたち」と。
SSCN0288.JPG

 というわけで日本ダービーと笹川賞。
 例年とまったく同じ、徒歩とバスのルートで、まずは多摩川競艇場にて舟券購入。
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | ボートレースオールスター優勝戦 出走表

 データでは3コースの勝率、連率が比較的高いという福岡だが、それにしたって準優2着が全員3コースというのには戦慄がはしる。
 もちろん、この優勝戦に関しては石野本命は動かせないが、いつものSG優勝戦ほど信頼のおける1号艇でもない。
 3連単を1=3ー4・5・6で。おそらく皆考えていることは同じで大した配当はつかないだろうが、もうしょうがない。3アタマならすこしはマシだ。よろしく茅原選手。

 次。徒歩で東京競馬場。
競馬 - 東京優駿 - スポーツナビ

 はい、競馬はわかりません。
 はい、ルメールとデムーロで。
 ただ、青葉賞馬はダービー2着までというのは、それほど短くはない観戦歴でわかってはいる。大外というのもキビシイだろう。
 というわけで、とりあえず馬単12-18をドカッと。
 あとはデムーロ3着止まりの可能性もふまえて、3連複も。
 で、3頭目だが。
 はい、競馬わかりません。というか、これ、どれが来てもおかしくないでしょう。
 12-18は人気サイドだが、わけのわからないのがハマればそれなりの配当も期待できる。
 はい、3連複12-18から総流し、いっちゃいましょう。
 よろしく、ルメール&デムーロ。
SSCN0289.JPG
競馬 - 東京優駿 結果 - スポーツナビ

 えぇ、3連複当たりましたがね。トリガミですがなにか。
 ま、当たったんだから気分は悪くない。
 ルメールの好騎乗もすばらしい。向こう正面の押し上げ、見事だった。
 あわよくば、デムーロもそれに着いていっていれば馬単も取れていたかも、と、思ってもしかたがないか。ほんとうに着いていってしまえば、ひっかかって行きすぎてしまたかもしれないし。やはり大外の時点で3着が精一杯だったのだろう。

 さぁ気を取り直して。
 本職は競艇なので。
 目黒記念の発走を待ちながらワンセグ観戦。
 あらためて、たのむぜ石野&茅原。
 はい、ドン。
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITE | レース オッズ・結果 レース結果

 いやぁ、やっぱり競馬より競艇の方が楽しいね! だって当たるもん!!
 配当は残念だが、競馬の分は取り返した感じで、1日の収支はトントン。いちばん幸せなギャンブルの楽しみ方ですよ。

 そして、なにはともあれ勝った石野選手はエラいです。おめでとうございます。
 茅原選手もしっかり2着――勝ってたらこちらとしてはよりおいしかったが――いやいいんですじゅうぶんですありがとうございます。
SSCN0287.JPG
 黙ってニコニコしていれば、芸能界でも屈指の美人の谷桃子を愛でながら、あぁいい一日だった、と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 [感想文]

 競馬行って、美術展行って、チャリでイースタン戦行って、で――

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017「ラ・ダンス 舞曲の祭典」


 目眩をおこしそうなこの文化の振り幅に、平和と贅沢を噛み締めて。
 あぁ、ありがたや。
SSCN0256.JPG
IMG_20170504_152553-1600x1200.jpg

 まずは公演番号133
 コダーイなんて聴いたことないからいっちょ試しに、と、とくに深く考えもせずチケットを買ってしまったのだが、いや、堀正文って見覚えある名前だな、と。
 で、行ってみたら、見覚えある顔だな、と。

 ん? あ?

 N響のコンマスさんじゃありませんか。こりゃまた失礼しました。ファンでチケットを買えなかった方がいたら申し訳ありません。
 で、さらに申し訳ないことに、これがまたコダーイの2曲も思いのほか良くて。今まで知らなくてごめんなさい。

 次。公演番号114。『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』ではおなじみ、ドミトリー・リスとウラル・フィル。
 演奏はすばらしかったんです。たぶん。
 いや席が悪すぎてよくわからないのです。
 前から12列目だったのだが、それはいい。ほかのホールだったら。
 そこはだだっ広い国際フォーラムホールA。その舞台向かって右の一番端だった。それで前方なのが逆に仇となってバスが完全に背中向き。大編成交響曲を生で聴くことの醍醐味であるところの、骨まで響くような低音を感じることができず、全体の反響音もあまり届かず、ぼんやり舞台の方で音が鳴っている、といった程度。
 いちおうS席なのにそりゃないぜ。来年からホールAのS席設定の改正をお願いしたい。

 気を取り直して、次。公演番号115
 各種ディスクやら、テレビやら、最近ではハイレゾファイルやらで、様々な指揮者、楽団の演奏を飽きるほど聴いてきたベートーヴェン第9だが、恥ずかしながら生は初めてになる。
 席は18列目、舞台向かって左の真ん中寄り。すべての音がほぼダイレクトに届く。すばらしい。
 でだ。
 第3楽章にうっとりしながら第4楽章に突入して。
 まず最初のバリトンの第1声に、「あぁやっぱりプロはすげぇな」と。
 そして全体の合唱がどーんと入って。

 何年か前、マーラーの8番を生で聴いた時も思ったが、圧倒的な物量の前には圧倒されるがまま、もうひれ伏すしかない。

 不覚にも。
 泣いてしまったよ。
 この曲が世界中の人々に愛されている理由を、理屈ではなく、音を浴びて身体全体で理解することができた。
 毎年毎年、年末に全国で演奏されて、知らないひとからすればなんともバカらしいだろうが、これを一度体験してしまうと、そりゃくせになるさ。わたしも今年の年末はどこかもっとクラシックに適したホールの第9演奏会行こうかしら。

 ちなみに生で観て初めて気付いた、というか気にしたのだが、合唱の最後の最後、そこにソリストは参加せず、唄わないんだと。これはもしかしたら、“合唱団=民衆、一般市民の勝利”という、ベートーヴェンらしい暑苦しいまでの意味が込められているのではないかと、物量に圧倒されながら思ったり思わなかったり。

 最後に公演番号116
 ほぼ毎年のようにこの『ラ・フォル・ジュルネ』で『ボレロ』を聴いているので、今年は趣向を変えて、と思って。
 で、終了後は、止まらないスタンディングオベーションと繰り返されるアンコール。
 この盛り上がり方は、おそらく公式HPなどで“歴史に残る奇跡の名演”とか評されることになると思われる。

 が、ちょいと首をかしげてる人間もいるんですよ、ここに。
 わたしにとっての『ボレロ』の魅力は、定形のリズムとメロディをひたすら繰り返すなかで徐々に変化を生んでいく巧みなオーケストレーションと緊張感なんですね。
 そこに“次に何が起こるかわからない”というジャズによる別の緊張感が持ち込まれてしまった。それでスリルが相乗効果を生めばよかったのだが、残念なことにただバッティングするだけでこちらは曲に集中できず。
 さらには“同じメロディを繰り返す”というのも崩されてしまうと、ここにはもはや『ボレロ』の魅力はなくなってしまっているといっていい。

 いや、こういう手法は歓迎なんです。
 ただ『ボレロ』ではない、別の曲でやってほしかったと。

 そしてもうひとつ。それ以前の根本の問題も。
 指揮者も楽団も、小曽根さんもエリックさんも、やれることを精一杯やり、すばらしい演奏をしていたんだと思います。たぶん。
 すいません。曲終盤の、管弦楽側の大音量に負けて、小曽根さんのピアノがほとんど聴こえてなかったんですよ。

 企画倒れかなぁ――と思っているのがわたしだけだったとしたら、それはそれでみんな幸せだったのに水を差してしまって申し訳ありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年散財の旅 ~第77回皐月賞「アルアイ~ン」~ [舟・馬・自転車]

 日本ダービーと有馬記念(と海外)以外で競馬場に行かなくなって久しいが、今回ばかりはちょっと。
 いや、勝つかどうかはわからない。むしろ惨敗の可能性の方が高いだろう。
 だが仮に新たな歴史的名牝の誕生の瞬間が訪れたとすれば、その場にいないことの方が馬券をはずすことより悔しい。
 というわけで――

SSCN0175.JPG

 ――ファンディーナ。

 近年の中山競馬場は有馬記念開催時の姿しか知らないので、けっこう空いていることに驚きながらのパドック。
 若干チャカチャカしているようだが、問題ないレベルだろう。
 他は知らん。
 というか、今回、わたしにとってはファンディーナが勝つか負けるかだけなので、他馬の状態は関係ない。
 馬券は単勝1点のみ。よろしく。

SSCN0176[1].JPG
競馬 - 第77回皐月賞 結果 - スポーツナビ


 残念だ。そしてつまらない。未来へのわくわくがひとつ消えたので。
 これで競馬場に行く機会が、ダービーと有馬記念だけへと戻った。

 まぁとりあえず、勝ったアルアインはえらいです。おめでとうございます。
 ちなみに、ラジオリスナーなら、この馬名を知ったときから必ず、声に出さずとも心のなかで唄っているはずだ。

 「アルア(パ)イ~ン」

 ファンディーナがいなけりゃ、つられて間違いなく買っていただろう。
 いや、ファンディーナがいなけりゃ馬券すら買ってないか。 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

賭博とおねえさん [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 ラスベガス2日目は河岸を変えて――
P3280151.JPG
 ――でた、男の夢、あるいは日本人にとっては畏怖の存在、フーターズでございます。日本のフーターズすら行ったことないのに。
 ほとんど尻が出ちゃってる格好をしたおねえさんがカジノフロアにたくさんいる――んだが、どこのホテルカジノもドリンクサービスのおねえさんはフーターズレベルの露出をしているので、もはや新鮮味はない。

 で、昨日はベネチアン周辺、ストリップの北側を中心に回ったが、本日はまだ行ってない、ストリップ南側とダウンタウンを。
P3280140.JPG
P3280135.JPG
OI000099.jpg
P3280150.JPGOI000100.jpg P3280149.JPG P3280146.JPG P3280145.JPG P3280141.JPG  はい、せっかくフーターズに泊まるのにほとんどそこには居ず、他のホテルを見てまわって、あとはほとんどカジノにいたので書くことがありません。  そのカジノ。少しだけでも儲けが出たらすぐにやめて別の場所に移動、ということを繰り返していたら、溶解したカネがある程度凝固しなおした。  深夜1時。もういいでしょう。こういうことのやめ時は心得ているつもりだ。というか、もう時間がない。なにしろ帰りの飛行機、朝の7時発なので。  ああ、フーターズホテル。けっきょく荷物を置くためだだけに金を払うことになった。  はい、ということで今度こそ帰国します。  ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ベネチアの夜 [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 フラッグスタッフから乗った夜行バスで着いたのは――
P3270119.JPG
 ――はい、ラスベガス。

 せっかくなのでトランプを入れた画像にしたのだが、宿泊するのはここじゃなく――
P3270117.JPG
 ――はい、きましたベネチアン。本物のヴェネチアに行ったことあるのに、あえて偽物に泊まるというプレイ。ちなみにディズニーシーには行ったことがない。

P3270124.JPG

 そしてここにおっさんひとりで泊まるプレイ。
P3270120.JPG
P3270123.JPG
 こんなに椅子があってどうするのよ。おっさんひとりなのに。もちろん、せっかくなので全部座ってみたがな。
 テレビが2台、風呂にも1台ありやがる。
P3270121.JPG

 夜になって、向かいのミラージュへ。有名なそれ。
P3270130.JPG

 で、ラスベガスといえばカジノだが。
 今回の旅費をぜんぶ取り戻してやるという意気込みだったが。

 溶ける。
 カネが。
 カネが溶けていくよ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フラッグスタッフの夜 [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 この旅にはいくつかの懸念があって、まずはロサンゼルスの治安。
 本来の旅の目的であるところのWBCは、球数制限のおかげで投手交代が頻繁にあり、試合時間が長引く傾向がある。よってド深夜に宿に帰る可能性も考えられ、ひじょうにびびっていたわけだ。ヨーロッパ、とくにスペインは、渡航前にさんざん脅された挙句、けっきょく行ったら行ったでなにも不安になることなく夜歩きしまくることができたので、まぁ今回もだいじょうぶだろうと思いたいのだが、アメリカは銃があるし。
 で、実際、初日からオランダ×プエルトリコが長引いて、宿に帰ったのが日付が変わってからになったりしたのだが、これがまた拍子抜けするぐらいなにも起こらず。まぁそもそも、治安が比較的良いとされる地域の、さらに地下鉄駅からすぐの宿を利用したので、夜歩きといえるほどの距離を歩いていない。地下鉄自体は人が少なくてそれはそれで怖かったのだが、こちらも何事もなく済んだ。
 とにかくロサンゼルスステージはクリア。

 次はグランドキャニオンの往復に待ち受ける、長大な待ち時間である。
 往きのウィリアムズでは、前記のとおりホテルのロビーで仮眠が取れたため、どうにかクリア(かわりにグランドキャニオン鉄道での苦難が待ち受けていたわけだが)。

 さて、帰りである。
 そのままロサンゼルスに戻るのではなく、別の街へ別の手段で向かう。
 まずは予約制のシャトル便でフラッグスタッフという街へ行き、そこから長距離夜行バスで目的地へ、という予定なのだが、このバス待ちが、20時から1時までなのだ。しかもシャトルを降ろされる場所がアムトラック駅で、ここからバスターミナルまでけっこうな距離を歩かされるようだ。
 知らない街で5時間。天気予報をみたら最高気温30℃最低気温0℃とか、数字を見るだけで体調を崩しそうななか5時間。長距離バスのターミナルなのだから吹きさらしということはないだろうが。
 とうぜんフラッグスタッフという街がどんなところなのかは調べた。旧ルート66沿いの街で、今は大学があって学生街としても発展しているそう。グーグルストリートビューでも見てみたら、それほど寂れた田舎町でもなさそうだが、昼と夜では雰囲気は違うだろうし。

 で、着いてみたら――
P3260110.JPG
 ――杞憂だった。これがアメリカの典型的地方都市というやつなのかどうか。

 バスターミナルへの道のりは――
P3260114.JPG
 ――暗い。さすがにけっこう怖い。が、それは直接的な暗闇の怖さで、犯罪への怖さはまったく感じない。いわゆる閑静な住宅街なのだろう。暗くてわからないが。
 ただ、ここをすぎると中規模のショッピングモールみたいなところもあって、不安はますます解消される。

 さぁ、バスターミナルに着いた。
P3260116.JPG
 ターミナルといっていいかはわからない小ささだが、待合所はしっかりした作りで寒さはしのげる。さらに、スマホ充電の電源もとれたおかげでこのブログの更新もでき、それで時間までつぶせた。

 はい、長々と書きましたが、けっきょくなにも起こってないんです。すいません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

グランドキャニオン 2日目 [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 本日は朝から、“ブライトエンジェル・トレイル”というトレッキングロードを使い、時間と体力が続くかぎり谷底を目指してみる。
 が。
 これほんとに降りられるようにできてきるのか。
P3260049.JPG
P3260045.JPG
P3260091.JPG
P3260059.JPG

 ある程度降りてきたが、ここのあまりのスケールに遠近感やらなんやらが麻痺して、自分がどこをどう降りてきたのかさっぱり理解できない。
P3260061.JPG
P3260063.JPG
 植生などもすっかり変わって、“インディアン・ガーデン”という場所までたどり着く。歩行距離7.2km、標高差933mを撮影しながらでも2時間。体力も余裕で、もう少し先まで行きたくもなったが、そう、ここまで降りてきたんだから、帰りは登らなければならないのだ。しかもわたしの装備は、いちおう安いトレッキングシューズを履いてはいるが、ジーパン姿という、山男に怒られそうな装備でもあったので、ここらが潮時と判断。帰る。
P3260071.JPG
 下から見上げても、やはりここをどう行けば元の場所にたどり着けるのか、想像がつかない。一度通っている道なのに。
P3260083.JPG

 そうしたら、とつぜん雷鳴とどろき、そこから雨が降ったり止んだりを繰り返し始めた。
P3260078.JPG
 やはり引き返してきてよかった。じつは雨具も用意してなかったのだ。しかも3分の1程度登ってきた時点ですでにへとへとでもあったし。山男に怒られるね。

 それにしても、あらためて見下ろしても、どこをどう登ってきたのか、さっぱりわからない。

P3260076.JPG

 雨は豪雨になることもなく、無事に上までたどり着いた。
 で、へとへとではあるが、グランドキャニオン滞在はあと3時間ほどしかないので、昨日行けなかったウォッチングポイントをまわる。

P3260096.JPG
P3260098.JPG
P3260101.JPG
 雨ばかりでなく雪まで降ったりして。いい経験をさせてもらった。
 テレビなどで見て知った気になっていたが、いや、こればかりは実際にここに来て、見て、身をおいてみないと、スケールや色のコントラストなど、なにもわからない。これだけ画像を貼っておいてなんだが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

グランドキャニオン [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 過酷な道をゆき、やっとこさたどり着いた。
 一泊するので、ゆっくり日没も。
 グランドキャニオン。
P3250012.JPG
OI000095.jpg
P3250025.JPG
P3250030.JPG
P3250038.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この道ずっとゆけば [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 えぇ、まだ帰りませんよ。もう来られない可能性が高いので、行けるところにはなるべく行きたい。
 で、もったいぶったってすぐ下に画像も上げるし、しょうがないので云っちゃうが、グランドキャニオンに行くんですよ。
 ロサンゼルスからグランドキャニオンまでの道のりは、自動車免許も金もないわたしには公共交通機関の個人手配による乗り継ぎしかなく、鉄道だろうがバスだろうが、これがまたひじょうに過酷なスケジュールになっている。
 アメリカ人にもこの方法はあまり一般的ではないらしく、ロスの宿をチェックアウトする際のフロントのおっさんとの会話――

 「次どこ行くの?」
 「グランドキャニオンっす」
 「ドライブ? あいや、あんた車じゃないよね?」(この宿はモーテルだったので、わたしが自動車を使ってないことを知っている)
 「トレインっす」
 「は? もしかしてアムトラック? はぁ、まぁよい旅を」

 なにやらロスから鉄道でグランドキャニオンまで行けるのを知らない、あるいは英語をろくに喋れない日本人がひとりでたどり着くのは難しい道のり、という認識のような口ぶりであった。
 いちおう、『地球の歩き方』にも載っている行き方だし、もうすでに往復の交通手段はすべて予約しているし、だいじょうぶなはずなんだが、ただ、もしかしたらこのあと待ち受ける過酷なスケジュールを、おっさんは知っていたのかもしれない。

OI000079.jpg
 たとえばそう、この列車が夜行だということとかを。

 18時発。
 席の隣にはいかつい白人のおっさん。
 寝たんだか寝てないんだかわからない状態で10時間揺られ、朝4時過ぎ。降ろされたのがウィリアムズ・ジャンクションという、駅というか、停車場というか。
OI000097.jpg
 ほんとうになにもない。林の中に照明とこの看板があるだけ。おそらく、次のグランドキャニオンへの交通機関への乗り換えのためだけに設置された停車場と思われる。
 そしてここで降りたのはなんとわたしひとり。あの巨大な列車がほぼ満員だったのに、わたしひとり。『地球の歩き方』にも載っているのに。いやこの手段、ほんとうに特殊なのかもしれない。
 で、その次の交通手段、グランドキャニオン鉄道の駅までのシャトルバスとして大型ワゴン車と運転手のおっさんが待っていた。
 ここで降りたのがわたしひとりで、写真を撮ろうとしているわたしをおっさんが待っているということにやっと気づいて、慌てたらピンぼけという。
 どうやらわたしが英語を喋れないと察したおっさんが話しかけてくることもなく、ふたりきり、車内が気まずい雰囲気のまま、車は舗装もされていない林道をとおりぬけ、ウィリアムズの街に入り、グランドキャニオン鉄道が経営するホテルに着いた。
 ここのホテルのロビーのソファで仮眠をとったりして3時間待ち。過酷だ。

 夜が明けて、いよいよグランドキャニオン鉄道。
OI000090.jpg
OI000089.jpg
 このグランドキャニオン鉄道。がっつり観光列車だということを知ったのが、すべて予約を完了して旅程をかえられなくなってからのこと。

 まずはショーを観ろ、と。
IMG_20170324_230032_588.jpg
 だってチケットに含まれてるんだもの。

OI000087.jpg

 まあ、ここまではいい。

 いよいよ列車に乗り込み、逃げ場がなくなって。
 いざ出発となると、次は客車一両ごとに担当者がついていて、マイクでいろいろ説明や観光案内をしてくれるのだが――
OI000091.jpg
 ――案の定、客いじりが始まる。しかも全員。
 わたしの番がまわってきて、とりあえず“英語わからないので次いってくれ”アピールをするも、「ほら、スマホ持ってるでしょ、翻訳できるでしょ」と。
 それは精一杯のサービス精神なんでしょう。わかる。わかるし、ありがたいけども、世界にはいろんな気質の人びとがいるということもわかっていただきたい。
 過酷だ。

 まだある。
OI000092.jpg
 「ほらみんな知ってるでしょ?」と、カントリーソングを。
 いや知らねぇし。
 しかし、車内で大合唱が始まった。
 あぁそうだ。カントリーソングなら知ってるのだ。アメリカの一般的白人なら。
 車内を見渡すと、ほぼ中年以上の白人。もちろんひとり客なんてわたししかいない。観光列車に乗ってグランドキャニオンへ行こうなんぞするのは、ある程度ふところに余裕のある、トランプが勝ってしまうような「アメリカが世界のすべて」だと思っている文化の中にいる、カントリー好きのこういう人たちなのだろう。
 過酷だ。

 いやすいません。こういうものと知らず、のんびり鉄道旅を決め込んで予約してしまったわたしがぜんぶ悪いんです。郷に入っては郷に従わなくてはならないし、このお兄さんもお嬢さんも、「さあみんなで楽しもうよ」と精一杯やっているのだろうが、さすがに性質が違いすぎてどうにもならない。
 お礼というよりお詫びのつもりで、お兄さんにチップを渡した。
 ちなみに、途中で『カントリーロード』の大合唱があり、お、これならわかるぜ、と思ったが、とっさに思い浮かぶのは『耳をすませば』版という。
 「日本にはな、素晴らしい訳詞があってだな、もはやオリジナルを超えてるんだぜ」とは、もちろん言えるわけもなく、心の中に留めておいた。そもそも英語がわかんねぇし。

OI000093.jpg

 いちおうフォローしておきますが、ある程度の英会話力があって、人見知りしない性格であれば絶対に楽しめるはずなので、グランドキャニオンに行かれる方は検討してみてはいかがでしょうか。自動車でウィリアムズに前乗りするのが前提ですが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年散財の旅 ~サンタアニタの春~ [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 さて、もうロサンゼルス滞在は最終日なのだが、出発まで時間がある。さて、どうするか。
 いや、すでに日本で予定は立ててあるのさ。

OI000085.jpg
OI000083.jpg

 サンタアニタパーク競馬場でございます。

OI000080.jpg
OI000082.jpg
OI000081.jpg
DSCN0093-1600x1200.JPG

 イギリスでもそうだったが、ここではさらに、観客と馬、騎手の距離が近い。
DSCN0092-1600x1200.JPG
 日本でこれだったら、騎手刺されちゃうよ。

OI000084.jpg
 装鞍所がパドックも兼ねているようで間近で見ることができる――そもそもパドックは2周くらいしかしてくれない。

 その装鞍所からパドックへの通路で眺めるわたしの前で突然立ち止まり、見つめ返してくる馬がいた。
OI000086.jpg
 この3番Bar Scene。
 レースプログラムも買ったはいいが、なにが書いてあるかさっぱりわからないから、決め手はこういうことしかない。ぱっと見、馬体も悪くなさそうだし、単勝2番人気で実力も上のよう。
 よし、かわいい3番ちゃん、単勝でビシッと買っちゃうよ。金額は恥ずかしいから云わないけど。
IMG_20170323_193337_859.jpg

 そしたらあなた――

DSCN0087-1600x1200.JPG
 ありがとう3番ちゃん!
 日本でもめったに当たらないのに!
 おかげで今日の交通費と飯代くらいはとれたよ!
DSCN0084-1200x900.JPG

 さて。
 最終日といっても、“ロサンゼルス滞在”が最終日なだけでね。
OI000079.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る