So-net無料ブログ作成
検索選択

グランドキャニオン [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 過酷な道をゆき、やっとこさたどり着いた。
 一泊するので、ゆっくり日没も。
 グランドキャニオン。
P3250012.JPG
OI000095.jpg
P3250025.JPG
P3250030.JPG
P3250038.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この道ずっとゆけば [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 えぇ、まだ帰りませんよ。もう来られない可能性が高いので、行けるところにはなるべく行きたい。
 で、もったいぶったってすぐ下に画像も上げるし、しょうがないので云っちゃうが、グランドキャニオンに行くんですよ。
 ロサンゼルスからグランドキャニオンまでの道のりは、自動車免許も金もないわたしには公共交通機関の個人手配による乗り継ぎしかなく、鉄道だろうがバスだろうが、これがまたひじょうに過酷なスケジュールになっている。
 アメリカ人にもこの方法はあまり一般的ではないらしく、ロスの宿をチェックアウトする際のフロントのおっさんとの会話――

 「次どこ行くの?」
 「グランドキャニオンっす」
 「ドライブ? あいや、あんた車じゃないよね?」(この宿はモーテルだったので、わたしが自動車を使ってないことを知っている)
 「トレインっす」
 「は? もしかしてアムトラック? はぁ、まぁよい旅を」

 なにやらロスから鉄道でグランドキャニオンまで行けるのを知らない、あるいは英語をろくに喋れない日本人がひとりでたどり着くのは難しい道のり、という認識のような口ぶりであった。
 いちおう、『地球の歩き方』にも載っている行き方だし、もうすでに往復の交通手段はすべて予約しているし、だいじょうぶなはずなんだが、ただ、もしかしたらこのあと待ち受ける過酷なスケジュールを、おっさんは知っていたのかもしれない。

OI000079.jpg
 たとえばそう、この列車が夜行だということとかを。

 18時発。
 席の隣にはいかつい白人のおっさん。
 寝たんだか寝てないんだかわからない状態で10時間揺られ、朝4時過ぎ。降ろされたのがウィリアムズ・ジャンクションという、駅というか、停車場というか。
OI000097.jpg
 ほんとうになにもない。林の中に照明とこの看板があるだけ。おそらく、次のグランドキャニオンへの交通機関への乗り換えのためだけに設置された停車場と思われる。
 そしてここで降りたのはなんとわたしひとり。あの巨大な列車がほぼ満員だったのに、わたしひとり。『地球の歩き方』にも載っているのに。いやこの手段、ほんとうに特殊なのかもしれない。
 で、その次の交通手段、グランドキャニオン鉄道の駅までのシャトルバスとして大型ワゴン車と運転手のおっさんが待っていた。
 ここで降りたのがわたしひとりで、写真を撮ろうとしているわたしをおっさんが待っているということにやっと気づいて、慌てたらピンぼけという。
 どうやらわたしが英語を喋れないと察したおっさんが話しかけてくることもなく、ふたりきり、車内が気まずい雰囲気のまま、車は舗装もされていない林道をとおりぬけ、ウィリアムズの街に入り、グランドキャニオン鉄道が経営するホテルに着いた。
 ここのホテルのロビーのソファで仮眠をとったりして3時間待ち。過酷だ。

 夜が明けて、いよいよグランドキャニオン鉄道。
OI000090.jpg
OI000089.jpg
 このグランドキャニオン鉄道。がっつり観光列車だということを知ったのが、すべて予約を完了して旅程をかえられなくなってからのこと。

 まずはショーを観ろ、と。
IMG_20170324_230032_588.jpg
 だってチケットに含まれてるんだもの。

OI000087.jpg

 まあ、ここまではいい。

 いよいよ列車に乗り込み、逃げ場がなくなって。
 いざ出発となると、次は客車一両ごとに担当者がついていて、マイクでいろいろ説明や観光案内をしてくれるのだが――
OI000091.jpg
 ――案の定、客いじりが始まる。しかも全員。
 わたしの番がまわってきて、とりあえず“英語わからないので次いってくれ”アピールをするも、「ほら、スマホ持ってるでしょ、翻訳できるでしょ」と。
 それは精一杯のサービス精神なんでしょう。わかる。わかるし、ありがたいけども、世界にはいろんな気質の人びとがいるということもわかっていただきたい。
 過酷だ。

 まだある。
OI000092.jpg
 「ほらみんな知ってるでしょ?」と、カントリーソングを。
 いや知らねぇし。
 しかし、車内で大合唱が始まった。
 あぁそうだ。カントリーソングなら知ってるのだ。アメリカの一般的白人なら。
 車内を見渡すと、ほぼ中年以上の白人。もちろんひとり客なんてわたししかいない。観光列車に乗ってグランドキャニオンへ行こうなんぞするのは、ある程度ふところに余裕のある、トランプが勝ってしまうような「アメリカが世界のすべて」だと思っている文化の中にいる、カントリー好きのこういう人たちなのだろう。
 過酷だ。

 いやすいません。こういうものと知らず、のんびり鉄道旅を決め込んで予約してしまったわたしがぜんぶ悪いんです。郷に入っては郷に従わなくてはならないし、このお兄さんもお嬢さんも、「さあみんなで楽しもうよ」と精一杯やっているのだろうが、さすがに性質が違いすぎてどうにもならない。
 お礼というよりお詫びのつもりで、お兄さんにチップを渡した。
 ちなみに、途中で『カントリーロード』の大合唱があり、お、これならわかるぜ、と思ったが、とっさに思い浮かぶのは『耳をすませば』版という。
 「日本にはな、素晴らしい訳詞があってだな、もはやオリジナルを超えてるんだぜ」とは、もちろん言えるわけもなく、心の中に留めておいた。そもそも英語がわかんねぇし。

OI000093.jpg

 いちおうフォローしておきますが、ある程度の英会話力があって、人見知りしない性格であれば絶対に楽しめるはずなので、グランドキャニオンに行かれる方は検討してみてはいかがでしょうか。自動車でウィリアムズに前乗りするのが前提ですが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017年散財の旅 ~サンタアニタの春~ [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 さて、もうロサンゼルス滞在は最終日なのだが、出発まで時間がある。さて、どうするか。
 いや、すでに日本で予定は立ててあるのさ。

OI000085.jpg
OI000083.jpg

 サンタアニタパーク競馬場でございます。

OI000080.jpg
OI000082.jpg
OI000081.jpg
DSCN0093-1600x1200.JPG

 イギリスでもそうだったが、ここではさらに、観客と馬、騎手の距離が近い。
DSCN0092-1600x1200.JPG
 日本でこれだったら、騎手刺されちゃうよ。

OI000084.jpg
 装鞍所がパドックも兼ねているようで間近で見ることができる――そもそもパドックは2周くらいしかしてくれない。

 その装鞍所からパドックへの通路で眺めるわたしの前で突然立ち止まり、見つめ返してくる馬がいた。
OI000086.jpg
 この3番Bar Scene。
 レースプログラムも買ったはいいが、なにが書いてあるかさっぱりわからないから、決め手はこういうことしかない。ぱっと見、馬体も悪くなさそうだし、単勝2番人気で実力も上のよう。
 よし、かわいい3番ちゃん、単勝でビシッと買っちゃうよ。金額は恥ずかしいから云わないけど。
IMG_20170323_193337_859.jpg

 そしたらあなた――

DSCN0087-1600x1200.JPG
 ありがとう3番ちゃん!
 日本でもめったに当たらないのに!
 おかげで今日の交通費と飯代くらいはとれたよ!
DSCN0084-1200x900.JPG

 さて。
 最終日といっても、“ロサンゼルス滞在”が最終日なだけでね。
OI000079.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サンタモニカの風 [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 さあついに決勝戦だが、その前に。

 来て来て来て来て――
OI000074.jpg
 ――来ちゃった。

 まぁしかし外人さんはお元気ねぇ。おそらく15℃いくかいかないかぐらいで、ガリガリ日本人のわたしにはけっこう寒いのに。
OI000076.jpg

 来たはいいがとくにすることもないので、サンタモニカからベニスまでビーチを歩く。
OI000075.jpg
OI000073.jpg
OI000072.jpg
OI000077.jpg
OI000071.jpg

 なにも確認せずにぼんやり歩いてたのだが、どうやら3km以上あったようで、こりゃまずい、試合に間に合わなくなる。
 バスでサンタモニカに引き返し、メトロを乗り継ぎ乗り継ぎ――

OI000070.jpg

 あとはみなさん、ご存知のとおり。
DSCN0071-1200x900.JPG
DSCN0078-1200x900.JPG
DSCN0080-1200x900.JPG
DSCN0082-1200x900.JPG

 まぁアメリカが勝って、面目躍如ができたのはよかったんじゃないでしょうか。
 これでもう少し開催国絶対有利システムが改善の方向に向かってくれれば。もちろん、MLB主催なわけだし、決勝ラウンドのアメリカ開催は動かせないのだろうけど。
 というか、これで満足して、もう開催しないなんてことはないですよね?
 カーショー、シャーザークラスが「おれもあの場にいたかった」と思って、次に出る気になってたらもったいないでしょ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

涙雨 [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 さて、この日のためにアメリカくんだりまでやってきたわけだが、試合まで時間はたっぷりあるので、ロス観光。
 じつは飛行機内で、奇しくも『ラ・ラ・ランド』を観ていたのでグリフィス天文台に行ってみようかと思ったが、土・日曜しかバスが運行されておらず、他に足がないわたしは断念。
 で、えーと・・・もうロスでみたいものが思いつかない。
 ま、とりあえず行くだけ行ってみた。宿もわりと近かったもので。
OI000067.jpg
P3220006.JPG
P3220005.JPG

 さらに、ガイドブックに導かれるまま、トレンドに敏感なシャレオツヤングなL.Aっ子が集まるというメルローズアベニューをいたずらに歩いてみようと思って、バスを降りたら雨が降ってきやがった。いやそもそもまったく用はないので、すぐに向かいのバス停へ。
 もういいや。わりといい時間だ。
 また試合が長引くとやっかいなことになるので先に夜食を買って宿に引き返し、防寒具を装着して、さぁ、ドジャースタジアム。

OI000064-1200x900.jpg
OI000069-1200x900.jpg
OI000066-1200x900.jpg
OI000068-1200x900.jpg

 主軸が打てず、エラーが失点につながる。そりゃ勝てませんよ。
 菊池選手がホームランを打ったときは、うれし涙の雨かと思ったんだけども。
 まぁしかし、誰を責めるわけにもいかない。みなさんここまでよくやりました。
 ドジャースタジアムで野球観戦できたんだ。これ以上なにを望めというのか。

IMG_-ekx2x5-1152x864.jpg

 えぇ、決勝、行きますよ。わたしは。チケット持ってるんだもの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カリフォルニアの青いバカ [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 すべてはこのために。
 たとえ日本が日本ラウンドで敗退していてもいい。どんとこい、オランダ×メキシコ。NPB外国人オールスター、ドジャースタジアムで夢の対決。観たいじゃないか。
 アメリカ観光おまけでちょいと野球観戦になる覚悟をもって、昨年すでに決勝ラウンド3試合のセット券を買っていたのだよ。
 まぁとりあえず、日本が勝ち残ってよかったんだけども。
OI000062.jpg
 で、来ちゃったんだけども。
 じつはここまでに、いろいろありまして。
 ロサンゼルス空港に到着してスマホのSIMカードをアメリカ用のものに入れ替え、設定が済んだと思ったら突然再起動を繰り返し始め、策もないまま1時間格闘していたらいつのまにか直っていたということがあり。
 空港からロス中心部へはケチって地下鉄で行こうと、地下鉄駅までの無料バスに乗ったはいいが、降りる場所を間違え、まあいいや徒歩でと思って30分ほどさまよったあげく結局地下鉄駅の場所がわからず、近くのホテルから無料のシャトルバスで空港に戻り、ユニオン駅までの有料空港バスに乗るという始末。
 すでにへとへとで宿に着き、チェックイン。ここでは、宿泊予約サイトで支払い済みのはずが、宿でも請求があり、2重支払いになっていたことが判明。取り消したりなんだりでまた時間をとられ。
 まだまだ。ドジャース戦開催時はユニオン駅から、試合チケット所有者は無料のバスが出ているということなので期待していったら、そこはそれ、ドジャース戦ではないので運行なし。やむなく慣れない土地での路線バス利用で、場所やらなんやらを調べるのに手間取り。

 わたしがバカだからしょうがないのだけども、やっと席に着いたら19時でやんの。
 えぇ、バレンティンのホームランも、バンデンハークの乱調もみてませんよ。
 でもいい。その乱闘寸前の白熱の展開。WBCだよ。

 そして聞きしに勝るプエルトリコの応援の盛り上がり。
DSCN0041-1200x900.JPG

 それにひきかえ、ラルプ・デュエズには遠く及ばないオランダコーナー。
DSCN0040-1200x900.JPG

 はじめはどちらが勝とうがどうでもいいと思っていたが、こうなるとどうにもオランダ寄りに。
 ほら、どうせ次の日本×アメリカでは、鳴り響く「USA USA」コールの中、スタンドでおれはひとり、屈強な白人男性達に囲まれ、試合展開によっては口汚く差別用語を浴びせ続けられるわけだ。だから仮に日本が勝ち上がったとしても、プエルトリコ相手では、2戦連続完全アウェーになってしまう。いやきびしいでしょ。

 でもね、日本戦でオランダの下位打線の弱さはすでに露呈していてだね、案の定タイブレークで如実にあらわれてしまって。
OI000063.jpg

 まぁいいや。とりあえず明日勝って、決勝の心配をしよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

いってきます [はじめてのアメリカ本土上陸~現地からこんにちは~]

 午前5時。
 なにやらゴソゴソとやって出かけようとするわたしに気付き、同居する母が起き出してきたので声をかける。

 「ちょっとでかけてくる」

 「あ、そう。何時頃帰ってくるの?」

 この会話はもはや恒例行事になりつつあり、薄々母も察していただろう。

 「夕方頃。29日の

 しかしなんだ、いつもと1ヶ月違うじゃないか、と。
 いや、今回はバレンタインがどうとかいうのは関係なく、明確な目的が、3月のこの日に設定されているのだ。

 こちらの準備はすべて整っている。
 こちらがいくら準備しようとどうにもならない要因もあったが、それも先日どうにかなった――というかどうにかしてくれた。

 “おれはこの時のために旅してきた”

 つきなみではあるが、22日(日本時間23日)、そう云えることを願う。

 というわけで行ってきます。
 生きていればまた1日後に。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ハムのひと [地方遠征]

 おととい、わたしは自覚した。やはり彼のことが好きだったんだ。だから片道3時間、3000円かけて行ってきたよ。
P2180917.JPG

 違う。オオタニじゃない。オオタを観に来たんだよ!
P2180936.JPG
OI000057.jpg
P2180934.JPG
 名護ですら遠いのに、この日に限って国頭って。しかもこの日は紅白戦で練習はほとんど見られないうえ、土曜、日ハム日本一、大谷、様々な要素が相まって、異常な混みよう。
OI000058.jpg
 これなら普通に金払って公式戦観に行きます。
 ちなみに大田は2タコ。本来の調子が出てきたではないか。鎌ヶ谷で待ってるぜ。
 で、大田は退いたし、斎藤佑樹は出てこないし、試合はどうでもいいので退散して、ブルペン行ったら、お、公文。
P2180943.JPG
 うん、だからなにって、なにもないんだけど。
 帰りのバスと飛行機の都合上、ここで引き上げ。
 はい、もう帰京します。ありがとうございました。
OI000059.jpg
P2180915.JPG
P2180941.JPG
P2180912.JPG
P2180938.JPG
P2180933.JPG
 あと、3月のみなさん――増井投手は見逃した――よろしくお願いします。いやマジで。私をロスに連れてって。
 いや、連れられなくても行くんだけど!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うれしかなしの涙雨 [地方遠征]

 いちおうキャンプ地“めぐり”なので。もうちょっと他もまわります。

 はい、ヤクルト浦添。
OI000051.jpg

 本日はベイスターズとの練習試合ということで、“キャンプ”感は薄く、練習見学ものんびりできない。
 とにかくちゃっちゃと、まずは投手から。
OI000056.jpg
OI000055.jpg

 まぁしかし、この一般客立ち入り可能エリアの曖昧さね。巨人はともかくとしてもだ、ロッテ石垣島よりもゆるいって。これもチームカラーなのかどうか。
 後にこんなのもみられるし。
P2170870.JPG

P2170853.JPG
P2170855.JPG
P2170856.JPG

 お、秋吉投手。
P2170857.JPG
 あの投手陣をみるかぎり、シーズン中同様、3月もフル稼働の予感。なんだか変則投手が揃っちゃって相手も慣れてしまいそうな恐怖もあるが、とりあえずなんでもいいから抑えてくれ。いやマジで。

 ブルペンへ。
OI000054.jpg
 寺島くん投げないの?
 まぁドラ2いるし、じゅうぶんだ。
OI000053.jpg
 ケガをしない身体をもっていることも才能のひとつかもしれないけど、それにしたって投げてたボールは日本球界歴代最高峰だったひとだからね、そのコーチ。しっかり教えてもらってください、星投手。
P2170865.JPG

 あ、あと、ロッテファンじゃないので、わたし。
P2170868.JPG

 さて、そろそろ練習試合開始。
P2170873.JPG
P2170882.JPG
P2170884.JPG
 べつにヤクルトファンでもないので思い入れもないのだが、いちプロ野球ファンとして、なかなかに胸熱なシーンではある。

 が、田中浩康がどうなろうと、石川の仕上がりがどうだろうと、シリアコがナニモノだろうと、とりあえずいまの段階ではどうでもいいのだ。こっちだよ。
P2170889.JPG
P2170886.JPG
 なんの根拠もないが、けっきょく坂本と中田翔は打てない気がするので、かわりにあなたたちに打ってもらわなきゃ困っちゃうのよ。マジで。
 本日、山田2安打、筒香無安打・・・いやここで活躍しようがしまいがどうでもいいから、3月。頼むから3月に。お願いします。

P2170901.JPG
 ちなみに試合は雨天コールド。
 もひとつちなみにベイスターズのエラー“2”は、田中浩康選手のものでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィールド・オブ・ドリームス [地方遠征]

 昨年はたしか、“冬の沖縄、ついでにプロ野球キャンプ”だったはずだ。
 ところが今年、純粋な島旅は波照間島の1日のみ。八重山は2泊だけで出てきてしまった。
 で――
OI000047.jpg

 ここから那覇3泊。いよいよ“沖縄キャンプ地めぐり、ついでに八重山観光”になってしまった。
 やばい、おれもうマジなひとじゃん。
 ま、いいや。

 というわけで、まずは那覇。
 自分でもたまに忘れそうになるのだが、わたしはロッテファンでも西武ファンでもなく、巨人ファンだったはずなので。たぶん。
OI000045.jpg

 今年はちゃんと選手のもあります。
OI000046.jpg

 まずは投手の方へ。
 さぁ、頼むぜエース。
P2160786.JPG
 いや、巨人での活躍はどうでもいいんです。3月によろしくやってほしいんです。じゃないといろいろ困っちゃうんです、ほんと。
 なので、かわりにエースナンバーのひと、がんばってください。
P2160789.JPG

 メイン球場。
 そう、3月といえば、あなたもだ。
OI000048.jpg
 3月の監督はあなたと心中だというじゃないか。巨人でもそうだが、代わりがいないんだ。ほんとにお願いします。

 あ、まだいた。
P2160801.JPG
 役割はブルペン兼スガノ専用捕手だろうが、そのスガノが肝心なんだから、あなたも肝心なんだ。
 こっちも後戻りできないんです。どうか頼みます。

 まあしかし、ついつい――
P2160791.JPG
 ――44番を目で追いかけては、「あぁ違うんだった・・・」と。おれそんなに好きだったんだっけ。

 あと、このキャンプ限定グレー帽。
P2160794.JPG
 遠目だと、ヘルメットをかぶっているように見えるんだが。なにやら光の加減でテカってるような、あるいはレッドソックス時代のマニー・ラミレスみたいに、汚れと色褪せでグレーに見える、みたいな。ま、どうでもいいはなしだか。

 さてブルペン。
 観客席が設けられているが、10分入替え制なので、ゆっくり観てられないのだが、とりあえず田口が目の前だったので、それだけでもじっくりと。
OI000049.jpg
P2160810.JPG

 メイン球場に戻って、フリー打撃をただただぼんやり眺めていたら、いつの間にやら全員終了。
P2160811.JPG

 その後、特守があるというのだが、なんというご褒美か、メンバーが阿部、坂本、村田。
OI000050.jpg

 しかもノッカーが井端♡ヨシノブ!
P2160827.JPG

 ヨシノブ「よーし、きょうは監督自らノッカーやっちゃおっかなー」

   井端「おれも・・・おれもいっしょにやる!」

 ――なんて会話は絶対してないだろう。

P2160826.JPG
P2160814.JPG

 なんなら本日は名護の日ハム×韓国KIAの練習試合に行こうかとも思ってた――なんだやっぱり大田が好きなんじゃないか――のだが、巨人ファンであることを思い出し、那覇に踏みとどまってよかった。
 試合なら、4月以降にいくらでも観られる。
 そう、わたしはこれが観たくて、ここに来たのだ。
 それは一瞬のような永遠のような、いつまでも続いてほしい、いやほんとうにいつまでも続くのではないか。
 じつにしあわせな1時間であった。

P2160840.JPG

 あ、阿部が写ってない。
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る